ブログトップ
第1回目の講座が開講されました。
昨日2日(日)、いよいよ第1回目の創業塾が開催されました。
出席者は15名。
■みなさん緊張の面持ち??
受講開始当初はみなさん初めて会う方が多いのか、緊張の面持ち。
d0074400_92121.jpg

今回講師を勤められたのは(有)レボ・リューションの河野上氏。硬い雰囲気の受講生の皆さんの表情もミニゲーム等を行ううちにほぐれて来ました。
d0074400_97873.jpg

(写真 今回講師を勤められた河野上氏。)
午前9時30分から始まった午前中の講義では主に受講生の方々の創業にかける想いを具現化する手法について学びました。日ごろアイデアを具現化するという作業というのは中々行う機会がなかったので皆さん最初は戸惑いがちでしたが、何件か河野上氏より出されたテーマ(安芸高田市、秋等)について色々なアイデアを出しながら、最終的にはチラシを作成することができました。
d0074400_922454.jpg

■白熱するグループディスカッション
午後からの講習では3つのテーマに沿ってグループ分け
①コミュニティー
②飲食関係
③その他
3つのグループそれぞれが目標を決め事業計画を立案する作業を行いました。
具体的には事業内容、お店の名前、事業名、キャッチコピー等をグループみんなで意見を出しながら考えていくのですが、複数のメンバーの意見をどう集約していくのか、そして創業時に必ず必要となる自分の事業内容を形にするという作業を実戦的に学ばれたたのですが、お互いがその事業にいくらまで融資できるのかというマネーの虎状態。
d0074400_937483.jpg

d0074400_9392591.jpg

コミュニティー班はお店に気軽に来てもらう喫茶店を企画。コーヒー1杯500円という価格設定に色んな意見が出されていました。
飲食関係班ではうどん屋を企画。本格的なさぬきうどん屋さんを市内にオープンする案を出されていました。
その他の班ではホタルでないと!(ナイト)という企画を立案。
特産品の販売等を行って観光客を集めようとさまざまなアイデアを出されていました。


さぁ次回の講習は今週の火曜日。
今回はグループでの討議がメインでしたが、第2回目の講習では個別でビジネスプランを作成する作業を行う予定です。

*講習に関する質問やご意見等はコメント欄にご記入下さい。

河野上先生のブログサイトでも昨日の講習会の模様が掲載されていましたよ。
Go!Go!Revo-lution!

くれ日記(当日ファシリテーターとして参加頂いた原田さんのブログ)
[PR]
# by akitakata-sogyo | 2006-07-03 10:10 | ■講座内容
安芸高田創業塾がいよいよ来月開講します!
安芸高田創業塾開講にあたって

 安芸高田市内6町商工会では、平成16年度から安芸高田市の支援を受け、産業人材育成事業を実施してまいりました。「安芸高田ビジネス塾」「経営革新チャレンジコース」、平成17年度には「第2創業コース」を加え内容も年々充実し、参加企業の中から「中小企業新事業活動促進法」の承認企業も多く輩出しております。

 今年度は「創業塾」「経営革新塾」「経営革新チャレンジコース」の3本立のプログラムを実施します。今回ご案内するのは高宮町商工会が幹事となって実施します「安芸高田創業塾」です。
創業塾はこれから創業を考えている方だけが受講対象者ではなく、昨年までの経営管理基礎コースである「安芸高田ビジネス塾」の内容をより実戦的にして、実際に事業アイデアやビジネスプランを自分で考えながら作成するカリキュラム内容です。会社設立や資金計画・キャッシュフローの作成等企業経営の基礎知識もカリキュラムの中に取り込んでいますので、パートナー・後継者の方・幹部社員の方々にも受講していただける内容となっております。事業の価値を高めるのは『人』以外にありません! 

 是非この機会を貴事業所の人材育成の一助としてご活用され、経営力の強化に役立てて頂きますようご案内申しあげます。

 なお、受講を希望される方は、出来るだけ7回通して受講されるようにお願いいたします。
また、昨年に引続き「経営革新塾」「経営革新チャレンジコース」も随時開講予定です。



安芸高田創業塾開催要項

■開催期間■
①7/2(日) ②7/4(火) ③7/9(日) ④7/11(火) ⑤7/18(火) ⑥7/25(火) ⑦7/30(日)
全7回 単回での受講も可能ですが原則として全回受講するようお願いいたします
■講習時間■
火曜日開催日 午後6時30分~午後9時30分
日曜日開催日 午前9時30分~午後4時30分
■会場■
安芸高田市役所第1分庁舎(安芸高田市吉田町)
■受講料■
5,000円
■募集定員■
40名 *募集人員が20名に満たない場合は中止となる場合がございます
■申込み締め切り■
6月23日(金)
[PR]
# by akitakata-sogyo | 2006-06-16 09:32 | ■事務連絡